追加徴税について

マイナンバー対策されているお店で働くのを怖がっている方の中にはこれまで風俗で働いてきた分の収入に対して税金がかからないか心配されてる方も多いと思います。以前はキャバクラやデリヘルなどの風俗で働いている方の中には確定申告をされていなかった方も多いと思いますので、これは心配になるかも知れませんが、実はマイナンバー対策自体に過去の脱税分を徴収する効果は実装されていません。

そもそもマイナンバーは過去の支払い調書などの項目はありませんので追加徴税される事は有りません。そもそもマイナンバーでは、デリヘルで働いている方やキャバクラで働いてる方の脱税を見分けるのは出来ないようになっているからです。

また、仮に全国にいるキャバクラ嬢やデリヘル嬢を対象に納税状況の確認作業を一斉に行うような事があれば、莫大な予算と膨大な時間がかかってしまいますので、過去の収入に対しての確認は行われないと言われています。もちろんこれからはどのようになるかはわかりません。マイナンバー制度の事もありますので、これから先はお水業界のかたも税金対策を行う必要が出てくる可能性も否定できません。今年からで構いませんので、できるだけしっかりと確定申告を行うようにしてください。